川崎市登戸、向ヶ丘遊園駅近くにあるARどうぶつ病院です。犬、猫の病気、予防接種などご予約・ご相談などお気軽にお問合わせください。

ポリシー(病院としての考え方)

ペットが健康に長生きできる環境を実現するため、

1.ご家族に十分なご説明を行い、ご納得頂いたうえで最善の獣医療を提供させていただきま
 す。

2.医療に関してはより医学的根拠に基づいた最先端の医療をご提案をさせていただきます。

3.人獣共通感染症の発生予防や予防の啓蒙活動を行い地域の社会福祉に貢献します。

4.必要に応じて、2次診療施設での精査・治療をご提案させていただきます。

当院のクレド(信条)

1.インフォームドコンセントの徹底
2.コミュニケーションの重視
3.獣医療提供者としての責任感を持つ
4.謙虚さと思いやりを持つ
5.清潔と清掃に気を配る
6.チーム医療を大切にする
7.動物への深い愛情をもつ
8.社会福祉への貢献

医療機器紹介

診察台
ペットの調子を見る場所です。
1㎏~60㎏までの子は体重も量れます(^^)

診察台

自動現像機
X線で撮った画像をデジタル画像で表示します。
拡大・縮小や色をはっきりさせるなど多機能です。

自動現像機

X線発生器
自動現像機とともに体の中の構造(主に骨)を確認できる機械です。
放射線を使いますが、1回画像を撮っただけでは国内線の飛行機に乗った時より
放射線量は少ないですよ(^^)

X線発生器

麻酔器
手術に使う機械です。痛みを感じさせないように、動かないようにするための機械です。

麻酔器

人工呼吸器
麻酔中に自分で行う呼吸が止まっている時に、肺の代わりに呼吸を助けてくれる機械です。
安全な麻酔をかけるときに重要となります。

人工呼吸器

生体モニター
動物達の呼吸数、心拍数、血圧、酸欠になってないか、過呼吸になってないかを調べる機械です。
麻酔中に動物たちの状態を確認するのによく使いますが、それ以外でも使える優れものです(^^)

生体モニター

オートクレーブ
高温高圧にして細菌を死滅させます。
手術道具をきれいにするために使います。

オートクレーブ

超音波検査器
身体に超音波をあてて、跳ね返ってきた音を感知して体の軟部臓器の画像を診る機械です。
主に腹部や心臓を診ますが、検査範囲が狭いのが難点(;´・ω・)

超音波検査器

ケージ
動物達の入院部屋。
動くと体力を使ってしまうのであえて狭くしております。
中にはタオルとペットシーツを入れてこまめに取り換えてお世話します。

ケージ

血液検査機械
血液の血球と液体のバランス、血球成分の数を測る機械(向かって左)と、血液の液体部分に入っている成分を検出する機械(右)の二つを用意しています。
身体の状態を知るうえで重要な検査のひとつです。

血液検査機械

顕微鏡
対物レンズと接眼レンズを使い最大2500倍まで拡大できます(目に見えない細菌がかなり大きく見えますΣ(・□・;))。
ゆくゆくは画像を診察室にとばして診療の説明をスムースに行えるようにしていく予定です。

顕微鏡

その他診察用具
向かって左から耳鏡、検眼鏡、ダーモスコピー

全て診察用の道具です。耳の中や眼、皮膚を詳しく診るために使います。日々の診察に無くてはならないものです(^^)

その他診察用具

ストレッチャー
上に動物を乗せて移動させられる機械です。
大きいワンちゃんが動けないときなどに非常に役立ちます。

ストレッチャー

ドライヤー
濡れてる動物を乾かすものですが、家にあるハンドドライヤーよりかなり強力です(゚Д゚;)
猫ちゃんは苦手かも(;´・ω・)

ドライヤー

友達追加
BLOG LINK
caloopetリンク

夜間診療

鳥専門

フェレット専門

提携高度医療病院

東京大学附属動物医療センター

日本獣医生命科学大学附属動物医療センター

【動物取扱業者標識】

(1)氏名または名称:盛田 一志
(2)事業所の名称:ARどうぶつ病院
(3)事業所の所在地:神奈川県川崎市多摩区登戸2182ポルテボヌール1F
(4)動物取扱業の種別:第一種動物取扱業
(5)登録年月日:平成29年7月14日
(6)有効期間の末日:平成34年7月13日
(7)動物取扱責任者:盛田 一志
友達追加
BLOG LINK
caloopetリンク

夜間診療

鳥専門

フェレット専門

提携高度医療病院

東京大学附属動物医療センター

日本獣医生命科学大学附属動物医療センター

【動物取扱業者標識】

(1)氏名または名称:盛田 一志
(2)事業所の名称:ARどうぶつ病院
(3)事業所の所在地:神奈川県川崎市多摩区登戸2182ポルテボヌール1F
(4)動物取扱業の種別:第一種動物取扱業
(5)登録年月日:平成29年7月14日
(6)有効期間の末日:平成34年7月13日
(7)動物取扱責任者:盛田 一志